2013-09-01

 どうやら滞在先には無線LAN環境があるらしい、ひとまず安心。しかし陸の孤島に行くと言っても周りにコンビニが一件でも存在しネットに繋がり最低限の衣食住が確保されるならあまり文句を言う気にはならない。こう書くとかなり贅沢に思える。

 今日は親戚の叔父さんと食事をしたのだが、海外での仕事経験が豊富な人で、南アフリカの治安は本当に悪いという話が印象的だった。現地の空港から首都まで行く際、バスなどの公共交通機関は確かに危ないかもなと思いきや、タクシーすら使ってはいけないらしい。銃で脅され身ぐるみ剥がされるとか。宿泊先に連絡して迎えを寄越してもらうのが正しいやり方で、信用出来ない交通手段は使ってはいけないとのこと。2chのコピペも馬鹿に出来たものではない。

 海外に出てふらふらしたいとは思うけど、治安が悪いのを恐れてろくに計画すら立てようとしない。よく考えると保守的で臆病気味な私が海外に出ない理由の第一位は資金が無い、第二位はパスポート取得が面倒臭い、第三位は治安が不安、であるから、治安の良さは大事だ(たぶん)。世界でも日本とアメリカ(特にニューヨーク)の治安の良さは別格だと言う。マンハッタンは至る所に官憲が立っているくらいしっかりしているらしい。日本は終わりだの中世だの言っても、その言葉は治安の良さがあるからこそ出てくるのだという……。引き合いに出すのも微妙か。でもやはり、「生まれてから死ぬまで安心して生活することが保障されている社会」というのは貴重なのだろう。いやでも例えばヨーロッパだって治安良いでしょうそれなりに、とは思うけど。見てきたわけではないからわからん。

 国外にあまり行ったことがないので日本の社会を客観的に見ることができない、というのはかなりマイナスな気がする。それは、「現状の生活に価値を見出す」ために必要だ。当たり前の生活を幸せだと感じるために。

 

では。

広告を非表示にする