2013-09-06

 自転車で田んぼの中を走っていたら砂利道でがたがただった。

 気づかないことがる。気づいていたこともある。見ないようにしていたこともあるし、何度も自覚したこともある。違和感はとても言葉にできるようなものではない。自分の人格の在り方が、どうしてもうまくつかめない。

 とても歪な形をしている。人と会話するたびに、大きく自分が変わっていくのを感じる。合わせようと、あるいは合わせすぎないように自分を保とうと、葛藤のような判断のつかない感覚がある。だめだ、うまく説明できない。対人関係における自己認識に揺らぎが生じてて、少なからず私の心は動揺している、という話なのだけど。

 

では。

広告を非表示にする