2013-10-08

 哲学概論の後期の初日で、この教授の話やっぱり面白いなぁと思いながら聞いていた。演習の時間も同じく。純粋理性批判の原文を読む演習なのだけど、最早私はドイツ語がさっぱり分からず話を聞いているだけで精一杯なので(実際はついて行けてない)、資料だけ貰って他の講義を聞きに行くなり逃げ出すなりしたくなっていた。でもせっかく受けたのだし理解できるようにがんばりたいなとも思う。今の私にカントを理解する意義がどれほどあるのだろうと考えて、いやそんなこと考える前にさっさとやれという声も聞こえて、いろいろ手を出しすぎてよくわからなくなっている現状に辟易とした。

広告を非表示にする