2013-11-18

 2限に出て午後はバイトに行っていた。指示された作業内容がちょっとぐだついて終わろうとしていた時間に終われなかったりした。夜はラーメンを食べた。帰ってきてからは体を描く練習とか。細部の肉感まで意識できるようになるのはいつのことやら……。

 大きく分けるならば、私の疑問の対象は3つあると言えるかもしれない。1つ目は人間そのものの中身。2つ目は世界の根本原理(過去からの流れも含む)。3つ目は現在と未来の社会。それぞれ分野的に当てはめるなら、1つ目は主に認知科学や脳科学、心や言語の哲学の領域。2つ目は現代の物理学と、進化生物学や遺伝学の領域(宇宙の問題と生命の問題ということなのだけど、これは分けたほうがいいかもしれない)。3つ目は情報的な社会学、さらにSF、とりわけハードなSFの領域。未来志向的な現在把握と将来の展望の想像のこと。

 専門にするなら1つ目、趣味で本を読み漁りたいのが2つ目(いかんせん領域が広すぎるから、専門を絞るよりは総合的に知識をまとめて考えるほうが良い気がするし)、想像をふくらませて創作の対象にするのが3つ目。こう整理すると頭の中も落ち着く気がする。ここまでが興味の度合いの高いテーマで、法学やら経済学やらは二の次という感じ(実生活において有用になるであろう知識群として、資格等で補完する)。

 という全体像を描いてみたところでおやすみなさい。

 

では。

広告を非表示にする