2013-12-02

 23限のあと、合同説明会に行った。あんまり書けることがない。社会勉強としては面白かったのだけど、真面目に取り組むにはあまりにも馬鹿げている部分もあった。これは茶番なんだ、と言ってる企業側の人もいた(それはそれでどうかと思うけど)。内定者が我が物顔で歩きまわってるのも意味がわからなかったし。

 選ばなければそこそこの企業には入ることができるのだろうけど、どれもこれも「これじゃないなぁ」という感じがどうしてもあった。そうした感覚は同年代なら多くの人が持ちうるものだと思う。無理やり言い聞かせるしかないのだろうし、もしくは自分のやる気をうまく合致させることができればいいのだし、そこまで気構える必要もない。こだわっていては話が進まない。何もできずに終わる。選ぶということは難しい。

 

では。

広告を非表示にする