2014-03-18

 朝からアルバイトに行って夜は刺身系のものを食べて数学をやってた。専門選択で連立微分方程式の問題があるのだけど、普通に計算したら10分近く掛かりかねないんじゃないかと思いつつ解き直していた。一問あたり5分を超えるような難度ではないはずだから、もっと簡単な解き方があるのかもしれない。しかし微積分の知識が足りない。1/(1+x^2)の積分がtan(x)^-1になるのも初めて知ったし。線形代数の方は線型空間などの確認をした。

 基本的に選択肢なのだから知識に立脚して解けば計算量は軽いはずなのだ。だから知識を優先的に詰めていけるように広く浅く解き進めている。さらに、過去問複数年分との出題内容の比較をして、明らかに重複しそうなところを狙って対策する必要もある。ちゃんといけば一次試験の合格点はあっさり超えるようになるはず。はず。

広告を非表示にする