2014-10-21

日記

 二限に遅刻して行った。昼は学科の友人と食した。午後はアルバイトでksnctfやってた。日付が変わる頃に帰ってきてビール飲んで寝た。
 品のない話だけど、自分の地頭についての自己評価をもっと下方修正したほうがいい気がしてきた。情報科学的な知識量と経験量がかなり不足していて、いざ調べて覚えようとしてもすらすら頭に入らない。わからないことが多すぎる。セキュスペ試験でも思ったけど、慣れはもちろんあるにしても、もうちょっと理解の質の高さと理解速度の向上があるべきであって、自分の今の脳みそでは何がどうなってもできないことが多すぎる。最初から大学では底辺にいたのであって、それ相応の能力だということを自覚したほうがいい。高校でも頭の良い奴らの層には結局喰い込むことができなかったわけだし。
 自らの無力さや不甲斐なさを自覚して「はぁもっとがんばらないとな」と思うことが多くなった。時間が足りない。やっぱり実家に戻ったほうが良いかもしれない。労働にかける時間が勿体なさすぎる。大学院入る前にアルバイト辞めようかしら。
 器用貧乏がある分野で頭打ちになってため息つく構図ということかしら。そうではなく、「自分はこの分野では誰にも負けたくない」というのを作らないとなぁって高校生の頃から思ってるけど、そんなにうまくいくものでもない。自分が一番好きなことってなんだろうな。未だによくわからない。

広告を非表示にする