2014-10-25

日記

 昼過ぎに起きて午後からアルバイトに行って夜遅めの時間に帰ってきた。昼も夜も外食、帰りに日用品の買い足しとお酒の補充をしたから、結構お金を使ってしまった。しばらく自分が使っていたお金をメモしていた時期があったのだけど、その癖を戻したほうがいいかもしれない。ちょっと怖い。
 気後れしているというか、この日記を書き続けようとする意思が弱くなってる。面倒くさい、だけど書ける、まだ書くことがある。何もないわけじゃなく、私の頭がそれらしく稼働を続けている限りは何かしらの文章が出てくるだろう。でも今日(直接でなく)友人とやりとりをしていて思ったのは、思うがまま吐き出しているようでは汚くなってしまうということだ。それは対人的な媒体でない場所ですら気をつけるべきことだし、強く留意していなければならないことだった。昔からそうだ。耐えなければならない。むやみに言葉を繰るのを我慢することもまた必要なのだ。心を閉ざすとか、社会から身を引くとか、そういうことではない。簡単に言えば気を引き締めろということだ。それすらできないような精神状態では、誰も彼も不快にさせるだけ。望むべきことではない。
 どうすればいいのだろう。今はただ時間が過ぎていくのを待つことしかできないのか。他にできることはないのかな、自分の身体が動いてくれるようなものが見つかってくれはしないか。それよりもまず、やるべきことについて指折り数えた方が賢明な気もするけど。ため息と自戒。

広告を非表示にする