2014-11-05

日記

 15時くらいに起きてまずいまずいって言って大学へ。演習に最後の15分だけ座ってあとは卒業論文の題目の提出。タイトルは「固有機能の概念に基づく言語の意味理解について」とした。教授先生は「固有機能ってproper function?」「はい」「具体的にはどんな感じのもの?」「えーと、目的論的な意味論です」「それは誰が言ってるの」「るーす・みりかんとかです」「あーよく知らない、じゃあ言語哲学ってことなのね」「そうなりますね」「タイトルはこれでいいよ、わかるように書いてね」みたいなことを仰っていた。そのあとアルバイトに行った。帰ってきたのは日付が変わってから。夕飯はコンビニのサラダと牛乳。
 学振の制度や統計情報を見ていたのだった。うちの大学(というか進学先の専攻)には学振以外にも修士2年と博士課程で奨励金をもらえる制度があって、そちらに応募しようと思っているのだけど、それに絞らずに学振も申し込んでみようという気になった。収入が確保できるなら修士で卒業しようとは思わないし、できるなら好きなことを続けていたい。今のところはそういう気持ちになっている(もちろん私のことだから後でどうなっているかはわからないけど)。
 題目を提出して一段落ついたから、卒業論文以外にやらなきゃいけないことを潰しつつ、本を読んでいこうと思います。

広告を非表示にする