2014-12-03

日記

 逃げているということは追いかけてくるものがいるわけだけど、でも自分は何から逃げているかわからないのだ。それしかない。悲しいことに。
 考えることと会話の摩擦について考えた。説明しながら考えるということをしてしまうから会話が成り立たなくなる。新しいことを考えずに、相手に理解してもらう態度を維持しなければならないのだと思う。もうわからない。いつもずっと、結局自分の何がいけなかったのだろうということばかり考えてしまう。やめよう。
 昼に起きて大学に行って4限に出てすぐアルバイトに行って日付が変わるまで作業。数日ほど詰まっていた作業が無事に片付いてほっとした。帰ってきてからは特に何をすることもなくビールを飲んでしまって寝た。
 小説のネタとして自分の卒論のテーマを持ってくる形を思いついた。これなら面白いのではないか。

広告を非表示にする