2015-02-07

日記

 夕方起きた。寒いし。アルバイトに行って、お給料をもらう手続きだけして、あとは本を読んでた。夕飯は牛丼。
 メロディーを把持できる曲とできない曲の違いについて考えていた。聞き慣れてないからかなぁ。作曲の上手い下手ってそこにあるのかもしれない。どこだよ、ではなくて、表現するのが難しい。ええと、メロディーそのものの良し悪しももちろんあるのだけど、把持できないようなメロディーを含めた曲全体の印象を上手く作ることができるのか、ってのが鍵になっているのだと思う。ぽっぷできゃっちーな旋律やサビの盛り上げがあったりするような今風の曲は(ジャンルの違いかもしれないけど、今の日本の若者が聞くようなのもそうだし、演歌もそうだろうし、アニソンも)極端に言うと「わかりやすさ」がある。それに対して、クラシックな曲はこうした明示的な旋律の美しさとは違う調子を持ってるものが多いように感じる。メロディーをあとになって自分で再現できないような。でも主旋律の微妙な調子の変化は作曲家によって異なっていて、そうした全体からなる曲としての雰囲気が作曲家を特徴付けていたのだと思う。子供の頃、しばしば両親がクラシックの曲を聞いて「この曲は誰それの曲っぽい」みたいな当て方をする光景を見ていたのだけど、やはり作曲家によって特徴的な調子というのがあって、たとえ初めて聞く曲でも類似性を見出だせるのだろう。
 っていうのを、シューベルトピアノソナタの「幻想」を聞きながら書いているんだけど、この曲は比較的わかりやすい気もする。第一楽章はひとつの旋律がそのまま反復されているだけだし。こんな感じでピアノの曲ばっかり聞いてクラシックについて考え事をするのはちょっと間違っている気がする。でも吹奏楽の音って落ち着かない気がするじゃないですか。ピアノや弦楽が一番好きというか。文章書いたり読んだりするのにトランペットやらティンパニやらの音は向かない、そいつらはこっちが張っている膜を突き破ってくる感じがする。音がそうってだけね。ピアノやヴァイオリンって、すごく内向的で個人的な楽器なような気がするのよね。いやもうそれ音の問題でしょう。
 こんなざっくり感覚的な文章書いちゃってどうすんのって自分で突っ込みを入れている。たまには無責任なこと言ったっていいじゃんね。

広告を非表示にする