2015-03-04

日記

 昼に起きて大学で用事を済ませて池袋でゲーム買って帰ってきた。夜は少し家を出て友達と食べた。明日は午前中から用事があるから早めに寝なきゃね。それなのに日付変わる前にポテチ食べちゃった。きりのいいところまでゲームをして寝た。やっぱりピアノの音が好きだと思う。雰囲気をどれくらい丁寧に作ってるかで決まると思う。低予算でも良いものは良い。
 家庭を持つことを急いではいけないと思った。何が一番不幸だと私が考えることになるか、その一点だけを回避するように振る舞わねばならない。私が「ああこれは最悪だ」と見做してしまうような事象はいくらでもある。でもその多くは選択を誤らなければ避けることができる。すべてから逃れることはできないだろう、しかしその可能性を減らすことはそれほど難しいことではない。大事なのは、不合理なこだわりを捨てることだ。私の抱える凝り固まった価値観をより整合的なものに解きほぐすことだ。繰り返すけど、それはさほど難しいことではないはずだ。でもその予感、推測は、外れるためにある。自らの根底にある考え方を(でもこの件はさほど根底にあるわけではない、せいぜい5年かそこらしか頭を占めていないのだけど)変えることは一筋縄ではいかない。うんまあ、なんとかなる。幸せを他者との関わりとの中で定義するのはとても難しい。だからひとまずは一人だけで組み上げることができるようにしておく必要があるのだ。少なくとも今から数年は。

雑記 [programming, C++]

・ABC017C+のいもす法(30+70+1)
 http://abc017.contest.atcoder.jp/submissions/349221
いもす法じゃない法(30+70)
 http://abc017.contest.atcoder.jp/submissions/349090
という感じで、単純な例では「一次元の重みつき部分区間の集合を扱う」ときに使う。
いもす法のポイントは何かといえば、
 - 区間の重みを開始点に足して終了点(の次の点)で引く
 - 始めから終わりまで累積を取っていく
の二つだけ。これで、各区間ごとの重さの合計値の最大と最小がわかる。区間のための配列を作るときは、長さを一つ大きくしておくことがコツかも(区間の最後+1では値は0になる)。

広告を非表示にする