2015-08-23

日記

 昼前に起きた。部屋が汚かったので少し片付けをした。昼はコーンフレーク的なものを食べて、外出して喫茶店で論文を読み、ゲーセンに行ってやっと伐折羅を解禁して、そのあとはAugustのコンサートに行っていた。とても良かった。感動すると、「感動させられる」と、自分も何かを生み出さなければという気持ちになるし、何もできていないことを悔しく思う。自分はたまにこういうことがないと動けない人間なので、ちょうどよくモチベーションを上げることができた。帰ってきてコンビニご飯食べて買ったピアノアレンジのCD聞きながら論文読んで寝た。
 簡単な論文だと思えるのに、すらすらと読み通せないのが悔しい。簡単だと言えてしまうのは内容や手法の話で、しかし私には前提となる知識がない。概念的な難しさはない。私が専門にしている分野の論文は基本的に概念的・理論的な掘り下げが弱い。こんな形では進むものも進まないだろうに、と常々思っているのだけど、しかし局所的に最適化された手法たちは把握するのが面倒で、ひとつの障壁になっている(理学的に本質的だ思えるような課題に立ち向かっているようには思えないにもかかわらず)。ということでやるせなさを感じながら日々論文を追っているのだけど、数学的に難しいところもないはずなんだけど、微妙に英語がわからなかったり集中が続かなかったりしてなかなか進まない。言い訳。

広告を非表示にする