2016-02-25

日記

 起きたのは12時過ぎくらいだったと思う。用事があるからと試験日の大学にわざわざ行って、神保町でうどんを食べて、初めて行った喫茶店の居心地の良さに感動して、書店で文庫本を二冊買って、あとは研究室で翌日のための資料を練っていた。注文した本が届いていて、言語学系のものばかりなのだけど、時間をかけて読みたいと思いつつ、気力が湧かず時間も少ない事態に嘆いた。夕飯をとるのも面倒なまま終電まで作業をして、帰ってきてコンビニ食をして、まほよを1章ぶん進めて寝た。

広告を非表示にする