2016-03-24

日記

 朝からアルバイト。11時から(昼食を挟んで)18時くらいまで作業してた。時間をかけたので必要なことは必要なぶん進んだ。ちょっと金欠気味だったのでちょうどよかったかもしれない。原稿は進んでないのだけど……。ゲーセンに寄って定食屋に寄って帰ってきて弾幕ゲーのリプレイ見てぼーっとしてたら1時になっていたので本読んで3時くらいに寝た。
 そう、最近書くことがないという話だった。どちらかというと書いちゃダメなことが増えた、と言ったほうが正しいのかもしれない。アルバイトのことは書きようがないし、研究に関わることは書き始めたら長くなるし(書いたとしてもこことは別の記事にしちゃうだろうし)、というか私はまだ研究らしいこと全然してないし、またそれか。だから日常がとても単調で陳腐になってしまっているということはないし、その点は別の形で記録に残るのかもしれないからいいのかな、と思っている。でもどうだろう、それは公的なあれこれであって、私的に楽しいことができているかは非常に疑わしい。
 今の生活は楽しいのだろうか? なんとも言えない。つらいと思うことはそこまで多くない。ここ一年くらい何故か懐古的に昔のゲームを引っ張りだしてプレイするというのを続けている気がするけど(新しいアニメを見たりすることもあるけど)、これは安定する方向に落ち着きたい態度の現れなんじゃないだろうか。新しいものを試すことのリスクというものは精神的に余裕がないときにはなるべく避けたい。だったら「薄れつつある好印象な記憶」を追想したほうが確実な成果が見込める。良くないな、と思う。ああそうだ、SFが読みたいな、と(もう何年も前からずっと言っているけど)また思ったのだった、なるべく途中で止まらないものを手に取らないと、本棚の肥やしを増やすだけになってしまう。
 隣人がうるさい。寝た方がいいようだ。

広告を非表示にする