2017-02-15

日記

 とくに作業の予定はない日。お茶をする予定だったので電車で北の方へ。最近の状況の話をする。で電車に乗って今度は南の方へ。新しいアルバイトの打ち合わせをする。あいまいなテーマを振られる。よくよく考えると自分はあいまいなテーマの案件をこなすのが苦手で、これは依頼者(これはまあ仕事上の上司みたいな)がいるもとでどれくらいのクオリティで仕事をすればよいのかがわからないのが主因にある。自分の裁量・責任でやる研究ならば好きに計画を立ててどこかで手を抜いたり固執したりができるわけだけど、成果物があいまいな基準で測られることになるのは本当によくわからない。しかも時給が固定でクオリティに依存せず費やした時間でしか報酬が得られないので、いっそう仕事の仕方がわからなくなる。この場合、どれくらいのことをすれば依頼者の側が満足しそうかというのを考えるわけだけど、自分よりも優秀な人だとますます困る(上限がほとんど見えなくなってしまうので)(無限にがんばらなければならない気持ちになってしまう)。という葛藤をここ一年くらいで抱えていて、どうしたものかなぁと思った。打ち合わせのあとは食事に連れて行かれた。普通に食べた。ビールも飲んだ。最近の流行に乗った話をする。終わって研究室に戻ってきて少し休憩した。で帰ってきた。この日は電車に乗ってる時間が長かったなあと思った。彼女に会う以外はなるべくひとつの拠点に居たいと思った。

広告を非表示にする