2018-05-29

日記

 6時くらいに起きる。明るい。何もする気にならず、かといって眠くもならないので、じっとベッドの中で過ごす。シャワーを浴びようとしたら、シャワー側からはお湯が出ないし、蛇口で出たと思ったらすぐに水になってしまった。水で体を洗って沸かした湯ですすいでなんとかした。厳しい。
 軽く調べた感じだとあまりお湯をゆっくり浴びる文化ではないらしい。むしろ暖房でなんとかするっぽい。夏だからいいのかな。わからないことが多い。お湯を沸かすのもガスじゃなくて電熱式のコンロ(?)だった。まあ洗えたからいいか。ゆっくり浸かりたいけど。
 何やかやあって家を出る。11時半くらい。近所のスタバで朝食をする。ラテは通じる。スモール。語彙がないけど Pains とかいう名前のシフォンケーキみたいなのを頼もうとして苦労した。けっきょく指差し。料理の名前はわからん。食べて街を歩く。最初の目的はSIMカード
 とりあえず最寄り駅に行く。地下街が発展してるらしいので地下に降りる。たしかにいくつかお店がある。ちょっとドラッグストア的なのと携帯屋さんを探してみたけどない。事前情報では欲しい会社のは少なくともウォルマートにはあるらしい。ウォルマートは郊外にしかない。しょうがない。
 場所はタブを開いてあったのでなんとなくわかった。地下鉄に乗る。というか表記ほとんどフランス語だし車内のアナウンスもフランス語だ。こりゃ厳しい。一度乗り換えて目的の駅へ。地図なくてわからんなぁと思ったけど通りの名前がわかったので歩く。けっこうかかる。
 歩くけどなかなか見つからない。太い通り沿いにあったはずなんだけどない。おかしいなぁと思って見渡すと2駅手前の駅名(逆方向)が見える。完全に点対称のルートを歩いていたらしい。正しくは東3北2なのに西3南2と歩いていた。15分歩いたのに……。最寄り駅を探す。見つからない。
 結局目的のひとつ手前の駅を見つける。今度は正しい方角にたぶん歩く。遠い。15分くらい歩いてようやく見つけた。50分くらい余計にかかってしまった。店内に入って SIM カードを探す。売り場にないので店員に聞くと中から出してきた。買えたが、レシートが切れて待たされた。
 Activate 作業。カードを買ってすぐ近くにあったキャンプ用の椅子に座る。入力していくと現地の住所に紐付いたクレカかプリペイドのバウチャーじゃないと支払いできないらしい。そんなクレカはないのでバウチャーを買う。90日でと130ドル。まあいいだろう。作業が終わって一息つく。
 昼食は店内のホットドッグ屋で注文した。スプライトと合わせて3ドルしない。安い。その代わりトッピング無しで小さくてケチャップとマヨネーズだけだった。美味しくない。帰ることにした。今度はバス。路線図をダウンロードして安心感が出る。運賃は地下鉄のフリーパスに含まれていて10ドル。
 車内は混んでいた。というか賑やか。都会という感じでもないけど、いたるところを人が歩いている。20分くらい乗って地下鉄の駅へ。2駅乗って最寄りまで戻ってくる。地下街を再探索した。便利な店が多い。風呂を貯めるために蓋を買った。お湯は出ないが沸かして薄めたら入れるはずだし。
 疲れたのでそのまま部屋に帰ってきた。16時くらい。まだめっちゃ明るい。たくさん寝たわけじゃないから眠かった。ごろごろする。部屋探しどうしようと思案する。インターン先の人がちょっと探してくれると言っていたが連絡がない。自分で探すのも大変だし頼りたいがどうするか。眠い。
 寝て起きたら23時半くらいだった。水も食料もないので調達する必要がある。24時間開いてる店を探したら徒歩10分くらいのところにありそう。行ってみる。3分歩いたら開いてるドラッグストアみたいのがあった。食料も売っていたので水とアップルジュースとサンドイッチを買う。
 帰宅。サンドイッチはハムのミンチみたいなものが挟んである質素なもので $3.5 くらい。冷たかったので鍋で焼き目をつけてから食べた。普通だ。マスターソードRTA動画が上がってたので眺めながら1時半くらいに寝た。

広告を非表示にする