2019-01-06

日記

 起きたのは8時くらい。トイレの水が流れなかったり水圧が弱かったりする問題をなんとかしつつ宿で朝食をとって(卵とソーセージとパンとシリアルとヨーグルトとアップルジュースとコーヒー)出発した。駅に着くと目の前で出発間際のバスが来ていたけど乗るべきか判断に迷ったので見送ったらつぎの便は1時間後くらいでどうしようもなかった。仕方なく途中まで行く30分後のバスに乗る。揺られる。車窓はだいたい草原の丘で、石を積んだ腰くらいの高さの壁で大きく区画が作られていて、たまに羊がいるような感じ。まず Waterhead という湖畔の地区に着く。湖を見る。綺麗。静か。針葉樹と広葉樹が混ざっているような感じだけど、小高い丘の上は禿げている。カモメと小さなカラスのような鳥がたくさんいて、家族連れが餌を撒いているのに群がっていた。ちょいちょい観光客が歩いているけど、そこまで盛況という感じでもなく静かで良い。そのまままたバスに乗って Grasmere という村へ。歩きつつ羊を間近に見つつワーズワースの博物館まで行ったのだけど日曜で閉館していた(観光地ではあるけど日曜日も遠慮なく閉まっているのは盲点だった)。次に Keswick に行こうとしたけど、バスが2時間後なので紅茶を飲んで休憩した。バスに乗って30分ほどして Keswick に着く。15:20くらいに着いて、16時半のバスに乗って Windermere に戻るつもりだったのだけど Google map のバスの時刻が更新されていなくて15時半の次は17時半だった。18:51 の電車に乗って帰る予定で、 Windermere までバスで1時間15分ほどかかるらしかったので、これは電車の予約を一便遅らせたほうが良さそうだと思ったのだが予約サイトがエラーを吐いて更新できない。わけわからんなと言いつつ観光をする。 Pencil museum というのがあって、鉛筆の会社が博物館を開いている。大きなプレハブのような建物にもろもろ展示があり面白かった。そのあとは商店街のようなところに出て少し歩く。雨っぽくなってきて食事をしようとフィッシュアンドチップスのお店に入って私はハンバーガーとポテトを食べた。バスの時間が来たので早めに着くことを祈りつつ Windermere へ。案の定電車の20分前くらいに着いたので、宿に戻って荷物を回収し、無事に電車に乗れた(そこそこ焦った。切符を取り直すと2万円近くかかる)。来るときと同様に Oxenholme で乗り換えて3時間半ほど乗って(売店でポテチビールをして食べた)ロンドンまで戻ってきた。夜食にチーズを食べて疲れてすぐ寝た。